‘16.10.17スイス・ヌーシャテル滞在記№9

とうとう最終日になりました。

特別な予定もなく雨の一日なので夕方まで自由時間。

ワインも買い込んでいるのでパッキングの重量に一喜一憂しながら過ごします。

161017-01

昨日まで葡萄収穫のために会社を休んでいた義弟も今日からは通常の仕事に

戻りましたが、夕方待ち合わせて、街はずれの小さな店に連れて行ってくれました。

この時期しか飲めないミレンヌという葡萄が発酵し始めたジュースを飲むためです。

ジュースと言ってもアルコール度数は6度ほどあります。

リンゴ酸の酸味と甘み。これがワインになっていくのです。

葡萄畑と醸造所が近くにあって新鮮な状態でないと飲めないのでこの地域でも

大変珍しい赤っちゃんワイン。

161017-02

その後、ジビエ肉フォンデュが売りのレストランで最後の晩餐会です。

1人前250グラムのヘラジカの赤身の肉。

このレストランの企業秘密で明かしてくれないのですが肉のブイヨンベースに

たっぷりのカルダモン、ナツメグ、それに赤ワインが入った熱々のスープ。

そこに肉を刺した串を入れること1分くらいで上げて、

さまざまなソースに付けていただきます。

日本のしゃぶしゃぶみたい。

何の臭みもなく食べられて赤ワインとのマリアージュが最高です。

私はタルタル系のソースがあまり好きではないので、塩コショウで食べましたが、

これがホントに美味しくペロッと250グラム完食。

スイス人は10フランで追加250グラムを平気で食べるそうです。

最後にもまた珍しい料理を食べられて感謝です。

 

 

 

 

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.