’19.8.9~11スイス・ヌーシャテル滞在記その2ボーヌ編

この日は車で山を越え1時間半ほどでフランス/サラン・レ・ヴァン到着。

世界遺産、中世の大製塩所見学。昔、塩はお金と一緒。盗むと死刑にもなったほど。

過酷な労働の上に成り立っていたと当時を思う。

日差しが痛い。オープンカフェでの昼食。

もちろんフランスに入ったんだからシャンパンをつける。

バスティアンは300gはありそうなステーキ。

私はお魚のホワイトソース。それも半身、日本で注文する倍はある。

サラン・レ・ヴァンから更に2時間ほどで、ワインのメッカ、ボーヌ市へ。

翌日は土曜日、ちょうどマルシェも開かれている。

見ているだけで楽しい。

バスティアンは5㎏の牛肉を買った。スイスとは断然安く買えたと大喜び。

ヌーシャテルに帰ったら炭火で焼くのだ。

そして次の日、ソムリエの勉強をしていたときから、一度は訪れてみたいと思っていた場所。

ワインの聖地「ロマネコンティ」

ヌーシャテルの自宅に到着後、バスティアンがマルシェで手に入れた肉を焼いてくれた。

絶妙な火の通り方。旨し!!

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.