2016年2月1日号(No28)

ヌーシャテル通信2月号(№28)

160201-01 160201-03

 

160201-02

私の義弟は、去年からHôpital de pourtales というカーブで働いています。

そこでぶどう作りと畑を管理しています。

美味しくて、手頃な値段で買えるのでアペロによく飲まれているワインです。

ヌーシャテルに大きな総合病院がありそこの名前もHôpital de pourtales。( プルタレス病院 )

なんでカーブが病院の名前なの?

病院から10数キロ離れたクレシエという小さな町で作られているのに、なぜ?

と、疑問に思っていたことが解決しました。

このカーブの歴史は、1808年に遡ります。日本は、江戸時代。

その頃は、ヌーシャテルには貧しい人々、病気で苦しむ人々がたくさんいました。

彼らを助けたのが、この病院でした。

貧しい人達からは、お金をとれない。お金がないと助けることができない。

そこで、ワインを作りを始めたのです。

ぶどう畑をつくり、裕福な人々にそこのワインを買ってもらい、

儲けたお金で薬や、治療費に回し、貧困者を病気から助けました。

その名残りから、いまでもこの名前が使われています。

このカーブのロゴは、ペリカン。

160201-04

ペリカンは、無私無欲を表す鳥ですからこのマークになっています。

義弟のワインが、ますます好きになってしまいました。

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.