2016年4月1日号(No30)

ヌーシャテル通信4月号(№30)

手探りで始めたヌーシャテルのワインの輸出も今回で4度目になります。

現在、3ヶ所のカーブと交渉中です。


まず7年ぶりの取り引きになります、Sandoz Vins。

ここのエチケットは、ヌーシャテルのお城がピンク色で描かれています。

ゲヴェルツトラミネールが絶品です。

以前は、オーナーが手がけではいましたが、いまは息子さんが引き継いで作っています。

さらに味に磨きがかかり、以前のものよりずっと美味しくなっています。

160401-a

それから、毎度おなじみの Maison Carrée 。

ここのオーナーが作るワインは、「 死ぬ前に飲んでおきたい99のシャスラー 」

という美味しいスイスワインを紹介する本に登場しています。

この醸造所からは、ピノノアールとピノグリの2種類です。

160401-b

そして最後は、これまたおなじみのVins Keller。

ピノブラン、シャスラー、アッサンブラージュの3種類。

希望はピノノアールから作る白ウィンだったのですが、

昨年はそれが作れるほどピノノアールが収穫できず断念しました。

しかし、ピノノアールの他にピノ家族にピノブランがあったとは知りませんでした。


打ち合わせの時に、ワイン通のスタッフが試飲済み。味は保証します。

ですが、ここのオーナーが念のために日本でも試飲して欲しいと言うので

ただいま空輸しています。

160401-c

いつもご贔屓してくださっているヌシャテラのお客様。

どうぞお楽しみに。

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.