2017年5月1日号(№43)

ヌーシャテル通信5月号(№43)

スイスでは、先月19日に各地で積雪が観測されました。

去年も同じ頃 に雪が降りましたが、昨年とは違い氷点下まで気温が下がりました。

新芽がぐんぐん伸びていく大事な時期なので、ぶどう農家の人達はその対策に追われていました。


これをご覧下さい。

スイスの中でも標高が高い地域ヴァレー州のぶどう対策の様子です。

翌朝の冷え込みが予想されると一晩中スプリンクラーで散水されます。

故意にぶどうの新芽を氷でコーティングして休眠状態を作ると

芽を守ることができるそうです。

ヴァレー州は至るところにスプリンクラーが設置されているということです。


ヌーシャテルのぶどう畑。

新緑のはずなのに、茶色くなっているのが、

人に例えるなら凍傷になってしまった芽となります。

ぶどうの新芽は、2つから3つからなるので、ひとつは凍傷になっても大丈夫

と葡萄を育てている義弟は説明してくれました。

凍傷のところを、カットするとこうなります。

左がカットする前。右がカットした後です。


今年も美味しいワインが作れるように、はやく通常通りのお天気になってほしいものです。

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.