2018年5月1日号(№55)

ヌーシャテル通信5月号(№55)

日本の桜全線は、今頃北海道辺りを通過中ではないでしょうか?

遅ればせながら、スイスにも本格的な春が到来しています。

あちらこちらで、春を告げる花がどこも満開です。

 

さて弊社ヌシャテラでは、2年毎にワインを輸出していますが、
今年はその年にあたります。

ただいまその準備に追われています。

先週は、急用でボリスケラーへ。
電車、バスを使って出かけました。往復で3時間。

いつもは主人の運転する車でわずか15分で到着。

カーブのあるボーマルクは
一度乗り遅れると一時間待たなくてはならない、田舎の村。

今回はボーマルク村の春をお届けします。

  

 

さてヨーロッパの5月の暦で11日,12日13日の3日間を氷の聖人デーと呼んでいます。

(サンドグラース)

日本で言うと、花冷えが来る確率が高い日と伝承されいます。

また、このサンドグラースで農家の人たちはどんな夏になるか予想します。

なんでも寒くなった場合、夏は冷夏。暑かった場合は、猛暑の夏。

今年はどんな夏になるのか、氷の聖人はまもなく教えてくれます。

 

 

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.