2019年9月1日号(№71)

ヌーシャテル通信9月号(№71)

あんなに暑かった夏が嘘のような今日この頃。

もうすっかり秋の入り口のようなお天気です。

スイスでは8月半ばに新学期を迎えて息子は晴れて中学1年生になりました。

住む地方によって異なるらしいのですが、息子が通う州では小学校は5年間。中学校は4年間。

今回驚いたのが、中学に上がって初めて教科書らしきものを持って帰ってきたこと。

いままでプリントなどでランドセル内はいつもスカスカでした。

どんな教科書と思いきやそれがよれよれ。

薄汚れているものもありました。

悪い見本のような教科書も入ってました。

 

先生のプリントも添えられてようやく理解できました。

注意書きには、必ず教科書にはカバーをつけること。

テープなど扱う時には十分に気をつけること。

カバーと教科書を一緒に留めるようなテープの貼りかたは絶対しないでください!

ようは全ての教科書は使い回し。

個人の持ち物ではなく学校側からお借りしている大事な代物。

主人に聞いたらよくわかりました。

紙はそもそも木の繊維を原料につくられるもの。

木一本で約174冊の本が作られる計算。

生徒一人一人に毎年配っていたら森林がなくなり環境問題に発展。

リサイクルといってもなんども繰り返しにできるものでもない。

地球規模で環境にやさしいことを考えると難しいけど、

 

日常で簡単に取り組める小さなエコの積み重ねが 1番大事なこと。

それをするのはスイスだけだと。

心を込めてカバー作りをしました。

Copyright © NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.