産地レポート

2018年06月

2018.06.01

2018年6月1日号(№56)

ヌーシャテル通信6月号(№56)

最近よく雨が降ります。

まとまって強く降っては晴れの繰り返しなので、農作物の成長はとても速いです。


さて今月ヌーシャテルのワインを2年ぶりに輸出するための準備に追われています。

今回で4回目。

毎回することは同じでも、間違いがないように先月各カーブを訪問してきました。
 
まずは一軒目、ボリス・ケラー。
ご夫婦そろって打ち合わせができました。

   

  

2軒目、ここはロゼのスパークリングワインが美味しいと好評のカーブプリオレー。

裏ラベルを貼る位置を丹念に聞いておられたのが印象的でした。

     


3軒目、メゾン・カレー。
ここは、たった10分の訪問時間で打ち合わせ完了。

パレットの上に積み重ねるワインの高さを再確認した後は、ペロシェさんは
「 毎度の事、大丈夫だよ。任せて!」と言ってぶどう畑に戻って行きました。
  
 
  
 


そして最後4軒目、可愛いエチケットで定評のあるカーブ・サンドへ。
   


打ち合わせの場所は、カーブの横のご自宅のお庭にて。

眼下はすくすくと成長真っ只中のぶどう畑。



日本の皆さんお楽しみに。

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    Copyright (C) NEUCHATERRA Co.,Ltd. All Rights Reserved.